スマホ写真はグーグルフォトに保存しよう

最近はスマートフォンを持っている人が本当に多くなりましたね。
年配の方で持っているというのも珍しくありません。

自分の住んでいる所はかなりの田舎なんですが、「ラインで孫とやり取りしてるよ」という話もよく聞くようになってきました。かんたんスマホが徐々に普及してきているのを日々実感しています。

スマホは色々な機能がついていますが、メールやネット以外に使うとなるとやはりカメラだと思います。デジカメにも負けず劣らずの高画質写真が撮れるのが当たり前の時代になってきました。

フィルムで写真を撮っていた時代が懐かしい…学生の頃は「写ルンです」買ってバシバシ写してました。途中でフィルムが無くなりダイヤルをジーコジーコ回しながら「オーマイガー」となった人は自分だけではないハズ。

スマホならそんな心配はほぼ無用ですよね。本体の保存容量も時代と共にだんだん増えてきて、64ギガあたりが今はスタンダードのようです。

しかし自分のiphoneSEは16ギガしかありません(涙)ケチって安いのを買ったんです(笑)大体容量を食うものって、写真や動画なんですよね。これをスマホ本体に保存していたら瞬く間に容量が無くなってしまって写真撮っても保存できない、昔の写真泣く泣く消さなきゃ、ということになってしまいます。

iphoneじゃないアンドロイドという種類のスマホなら、本体にSDカードを挿してそこに保存すれば、スマホ本体の容量を圧迫しないで済むんですけど、iphoneはそういうものございません。となるとパソコンにコードつないで保存して、スマホの写真消して容量空けてまた使うという、とても面倒なことをしないといけないんですね。これは結局SDカードでも同じなんですけど。

そこで役に立つのがグーグルフォトというサービスです。お値段無料です。スマホにアプリとしてインストールすることで使うことができます。設定後アプリを開くと、スマホの中の写真データがどんどんグーグルフォトに保存されていきます。平たく言うとインターネットを通じて、グーグルのコンピュータの中に保存されているんですね。ですのでインターネット環境は必須です。できればwifi環境でやった方が、時間もパケット代もかかりません。

グーグルフォトはそのままの設定で使えば無制限に写真を保存することができます。動画も10ギガ以下であれば無制限に保存できます。写真をパシャパシャ撮った1日の終わりにグーグルフォトを開いてアップロードして、スマホの写真は全部消してしまってもちゃんと見ることができます。

もしスマホを無くしたり壊したり変えたりしても、写真データが無くなることはありません。グーグルアカウントさえ覚えていればパソコンや新しいスマホからアクセスすることができます。

あとアルバムを作って、他の人と共有できるのがとても便利。ラインなどでアルバムのアドレスを送れば、友達や仲間と写真を見たり追加することができます。先日同窓会があって、あらかじめ作っておいたアルバムのアドレスをみんなに配って、後日アップして見てもらいました。

iphoneは自分でインストールや設定が必要ですが、アンドロイドスマホであれば初めから入っているアプリですので、使わない手はありません。グーグルフォトでたくさん写真撮りまくりましょ☆

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする